アナウンスメッセージ


HARRIS WHARF LONDON
家以上になった場所。 ハリスワーフは、ロンドンのエンジェルにある見事なリージェンツ運河のそばにあります。 近代的な住宅団地であるクリスタルワーフと、当初は材木置き場として使用されていた古い建物であるディースペーカーワーフに隣接しています。 ここからハリスワーフロンドンが始まり、会社の精神を支えています。


私たちのストーリー

2007年、Acchiardiの兄弟であるGiuliaとAldoはロンドンに移り、2010年に立ち上げられた衣料品コレクションHarris Wharf Londonのインスピレーションを得ました。家族のテキスタイルの職人技と革新の歴史により、ブランドは着実に成長し、 現代的なクラシック。 高品質の生地と時代を超越したカットに重点を置いており、妥協することはありませんが、いつでもアクセスできるため、ハリスワーフロンドンは変装した高級ブランドになっています。
デザイナー
ジュリア・アキアルディは、2008年にロンドンのファッションデザインを卒業しました。アレキサンダーマックイーンとヴィヴィアンウエストウッドでのインターンシップの後、彼女は当時経済学を学んでいた兄のアルドと一緒に自分のレーベルを始めることにしました。 ジュリアのデザイン哲学は、基本的に彼女の本能に従うことです。 家業のすべての側面を学び、概観することは、設計プロセス自体にとっても同様に重要であると彼女は言います。


デザインと持続可能性
ジャージに焦点を当てたコレクションは、最小限で控えめで、伝統的なカットや形を簡単に取り入れた、裏地のない生のエッジのアウターウェアを特徴としています。生地の寿命、季節を超えた特徴、時代を超えたデザインのおかげで、何年も続くスタイルを作ることが目的です。私たちの持続可能性プロセスは、トレーサビリティ、AZOおよびReachに準拠した天然生地、リサイクル機能などの持続可能な特性の期待に応える、直接の高品質の生地を慎重に選択することから始まります。環境フットプリントをさらに削減するために、デジタルカッティングシステムを使用して、生地の消費を最大限に効率化し、生地の無駄を減らしています。 Harris Wharf Londonは受注生産のみで、在庫がほとんど残っていません。最終的な廃棄物は専門のコンソーシアムに送られ、新しい糸にリサイクルされます。生地の残り物が、他の持続可能な形での継続的なライフサイクルを通じて可能な限り最善の方法で処理されることを知ることは、私たちにとって非常に重要です。
JP
JP